貿易に挑戦する起業家、物販、製造業者様向けコンサルティング★懇切丁寧スピーディーさに定評あり★貿易企業社内講師10年超★担当社数200社超 Consulting for entrepreneurs, product sales, wholesalers, makers who challenge trade ★ Recognized for speedy and courteousness ★ Lecturer at a trading company for over 10 years ★ Experiences for over 200 companies


恒大破綻の衝撃:中国の危機がもたらす未来の予測


中国不動産大手「恒大集団」が先週、アメリカで破産法の適用申請をしました。
中国国内の不動産業者の連鎖倒産はもちろんのこと、土建業や各種関連事業がドミノ式に倒産する可能性が非常に高いです。

すでにデフレへ陥っており、日本の二の舞になりそうなのが現在の中国。
世界の工場だった中国からは多くの外資企業が撤退も初めてます。

では、日本への影響はどうでしょうか?

city with skyscrapers
Photo by Manuel Joseph on Pexels.com

日本や我々の生活にも影響を及ぼすでしょう。
実際、中国の購買力、供給力ともに落ちるでしょうし、中国からの部品輸入に頼っていた製造業者の一部には多大な損害を与える恐れもあるでしょう。

日中間だけの問題ではなく、例えば半導体製造世界一の韓国も日本以上に影響を受けると思われます。
ただでさえ、ウクライナ問題により供給が落ちている半導体関連が、さらに入手しにくくなり、スマホや生活家電も高価格になるかもしれません。

では、我々ができる対策は何か考えてみましょう。

  1. 多様な取引パートナーの探求
    中国の不況によって供給チェーンに影響が出る可能性があるため、日本や周辺国は新たな取引パートナーを探し、供給源を分散化することが重要です。例えば、中東、アフリカなどの国との貿易関係を強化し、業種に依存しないことが重要となります。
  2. 産業の転換と技術革新
    日本や周辺国は、中国の経済変動によって影響を受けやすい産業を見直し、新たな成長分野や技術革新に投資することを検討します。特に環境技術やデジタル分野など、将来的な成長が期待される領域に注力することがやはり大事になります。そのためには、他国との差別化を進めます。
  3. 国際協力と安定化への努力
    日本や周辺国は、国際的な協力を強化して経済の安定化を図ることが重要です。国際機関や協定を活用し、世界的な経済の変動に対応する枠組みを構築します。また、地政学的なリスクにも注意を払いつつ、地域の平和と安定を維持する取り組みを進めます。
    特に、台湾問題には注意を払うべきでしょう。

これからは恐慌の危機にも見舞われるでしょうが、なんとか乗り越えていきましょう。


PAGE TOP