貿易に挑戦する起業家、物販、製造業者様向けコンサルティング★懇切丁寧スピーディーさに定評あり★貿易企業社内講師10年超★担当社数200社超 Consulting for entrepreneurs, product sales, wholesalers, makers who challenge trade ★ Recognized for speedy and courteousness ★ Lecturer at a trading company for over 10 years ★ Experiences for over 200 companies


海外ビジネスで必要な知識・考え方とは?Ver2

,

貿易ビジネスに興味のある方、またはすでに貿易ビジネスに携わっている方に向けて、このブログでは貿易事務の仕事内容や必要な知識・スキルについて紹介していく。

貿易事務とは、海外から商品を輸入したり、国内から海外へ商品を輸出したりする際に必要な事務手続きを行う仕事である。貿易関連書類の作成、内容の確認、英語によるメールのやりとりなどが主な業務となる。

貿易事務には、商社やメーカーのほかにも、国際物流コーディネーターとして国際運送手配・通関業務を行うフォワーダー(通関業者・海貨業者)、船会社や航空会社(または専門代理店)など、物流・貿易に特化した企業にも仕事がある。

貿易事務に求められる知識・スキルは、大きく分けて以下の3つとなる。

  • 英語を中心とした外国語の読み書き・会話
  • 貿易実務に関する専門知識
  • コミュニケーション能力・折衝力
1. 英語を中心とした外国語の読み書き・会話

英語力は、国際的な貿易取引に携わる仕事のため、読み書きを中心とした一定のレベル(一般的にTOEIC600点といわれる)が必要だが、現在、AIが進化しており、英語ができないことが大きな障害にはならない。

2. 貿易実務に関する専門知識

貿易実務に関する専門知識は、商品(モノ)、代金(カネ)、書類(カミ)の流れを掴むことや、貿易書類の役割や内容を理解することが重要となる。また、各国の商習慣や法律、規制なども幅広く学ぶ必要もある。

3. コミュニケーション能力・折衝力

コミュニケーション能力・折衝力は、取引相手や関係協力会社、社内の他部署の方と連携して、スムーズに業務を進めるために必要なスキルとなる。計画を立てたり、調整したりする能力も求められる。


PAGE TOP