貿易に挑戦する起業家、物販、製造業者様向けコンサルティング★懇切丁寧スピーディーさに定評あり★貿易企業社内講師10年超★担当社数200社超 Consulting for entrepreneurs, product sales, wholesalers, makers who challenge trade ★ Recognized for speedy and courteousness ★ Lecturer at a trading company for over 10 years ★ Experiences for over 200 companies


契約・輸送・決済って何?ー海外取引するとき重要ですー


仕入れたい商品を発注しようとする貴方!一旦お待ちください。

契約と決済を忘れてはいけません!!
実際、海外との金銭のやり取りは、国内と異なり、法律が及ばず泣き寝入りせざるを得ない場合があります。

person holding gray twist pen and white printer paper on brown wooden table
Photo by Cytonn Photography on Pexels.com

それを防ぐためにどうするか?それが、貿易を行うために必要な「貿易実務」の知識です。

貿易実務とは?

現代でもITが発展している中で、紙媒体(カミ)は依然として必要です。貿易はビジネスの最先端のようなイメージがあるかもしれませんが、意外とアナログな要素が残っています。

そして、貿易の流れは大まかに「契約」「輸送」「決済」の三段階です。

「契約」は、輸出者と輸入者が契約書を取り交わすことです。輸出者は買い手企業を選び、輸入者は商品と取引先企業を選定します。契約時には、どの国でも英文で契約書を交わし、その際にはインコタームズや決済方法も決めます。

「輸送」は、輸出者から輸入者への商品の届けるプロセスです。インコタームズに従い、売り手と買い手それぞれが輸送手段や通関、保険を手配していきます。

「決済」は、輸出者と輸入者の間での「代金支払い・受け取り」「商品の引き渡し・引き取り」に関わります。前払い、後払い、ネット決済、銀行経由のL/C決済など、さまざまな手段があります。取引実績や信用度、国の安定性などによって最適な決済方法を選ぶことが重要です。

次回は、契約時に必要な要点について詳しく書いていきます。興味を持っていただければ幸いです!


PAGE TOP