貿易に挑戦する起業家、物販、製造業者様向けコンサルティング★懇切丁寧スピーディーさに定評あり★貿易企業社内講師10年超★担当社数200社超 Consulting for entrepreneurs, product sales, wholesalers, makers who challenge trade ★ Recognized for speedy and courteousness ★ Lecturer at a trading company for over 10 years ★ Experiences for over 200 companies


並行輸入品って何ですか?偽物?


【質問】
並行輸入品という言葉を時々聞きます。偽物なんですか?怖くてこの前買えませんでした。
実態を教えてください。

Free luxurious handbag image

【回答】
ブランド品の並行輸入品、時々見ますよね。
街角のお店にあるものは、偽物でもなんでもなく、本物ですし合法でもあります。

よって、怖くは無いのです笑

では何かと言うと、「正規代理店とは別のルートで真正品を輸入すること」です。

正規代理店から購入する輸入品は、商標を持つ外国のメーカーもしくは輸出者が、日本の輸入者と総代理店契約を結ぶことで、輸入販売する商品となります。

並行輸入品となる「別のルート」というのは、海外現地にある、正規代理店とは別の第三者が購入し、それを日本国内へ輸出するという経路になります。

そして、特許庁にも認められている輸入販売経路となります。

  1. 並行輸入商品に付された商標が、輸入元の外国における商標権者またはその商標権者から使用許諾を受けた者により適法に付されたものであること
  2. 輸入元の外国における商標権者と日本の商標権者とが同一人であるか、法律的もしくは的に同一人と同視し得るような関係にあることにより、並行輸入商品の商標が日本の登録商標と同一の出所を表示するものであること(つまり、商標の出所表示機能が害されていないこと)
  3. 並行輸入された商品と日本の商標権者が登録商標を付した商品とが、その登録商標の保証する品質において実質的差異がないと評価されること(つまり、商標の品質保証機能が害されていないこと)

これら全ての要件が満たされれば、並行輸入行為によっても商標の果たすべき機能は害されていませんから、「真正商品の並行輸入」にあたり、商標権の侵害にはあたりません。

特許庁より引用

●並行輸入品のメリット
並行輸入品を仕入れ、購入する際のメリットとはなんでしょうか?

  1. 売主が正規代理店では無いので、自由に値段をつけることができます。よって、正規代理店より安く販売し、消費者は購入することができます。
  2. 国内では販売されていない商品を購入できることも。

●並行輸入品のデメリット
安く購入できる分、デメリットも存在します。

  1. 正規代理店からの購入では無いので、アフターフォローや保障がないことがほとんど。
  2. 個人や小口輸入で仕入れると、偽物をつかまされる恐れが。。。
  3. 日本規格ではないものもあります。

消費者庁も並行輸入品における注意を促しています。海外の製品を並行輸入品や個人輸入品として購入するときの注意点

並行輸入品について以上に気をつけながら、輸入ビジネスや個人輸入をやっていきましょう!

もし、不安や不明な点があれば、「みんなの貿易」までお問合せください!


PAGE TOP